贈り物、カタログギフトの専門店 | 法人向けサイトはこちら

  • 土日祝も13時までのご注文で当日出荷
  • 5,400円以上で送料無料!
  • 新規登録で500pt

正しいマナーで心のこもった贈り物

シーン別 ギフトマナー講座

アンティナギフトスタジオは、『ギフトをえらぶ』
そんな大切な時間をお手伝いするギフト専門店。
マナーやしきたりがたくさんありそうなフォーマルなギフトシーン。
オンラインショップ・店頭でよく質問を頂く、金額の相場の他、
知っておきたいマナーをご紹介します。

結婚引出物

結婚式に参列頂いた方々に感謝の気持ちを込めて贈る贈り物が「引出物」です。
引出物は、結婚祝いへの返礼の意味もあり、
披露宴に参加頂いた方への御礼と感謝の気持ちを込めて、選びましょう。
引出物の相場は、披露宴でのお料理代の30 ~ 50%が目安です。地域によって相場の開きがあり一概にはいえませんが、3,000 円~ 6,000 円が主流です。
通常は「記念品」と「引き菓子」とよばれているお菓子(1,000 円~ 2,000 円)を組み合わせてお渡しします。品物とお菓子1品ずつで2品用意したり、カットしたウエディングケーキをプラスして3品の組み合わせにしたりするのが一般的です。もともとは割り切れない奇数にするのが縁起がよいとされ、今も地域によっては3品、5品、7品などとするところもあります。
引出物は地域のしきたりや習慣がありますので、式場の担当者や周囲の人のアドバイスを参考にしましょう。

昔は、割れ物や刃物は「2人の仲が壊れる」とか「関係が切れる」ということが連想されるためタブーとされていましたが、最近は
あまり気にしなくなっています。そのため、選択肢もかなり広がり、相手の生活を想像して選ぶとより喜んでいただけます。

また、最近では新郎新婦との関係や、年齢、性別などによって贈り分けをすることが多くなっています。
上司や年配のゲスト、同僚・友人のゲストも男性や女性によって分けて選びます。
贈り分けをすることによって、その人にふさわしい品選びができますので、
誰にも喜んでもらえる引出物を贈ることができます。
若い人向けの引出物は新郎新婦が自分で貰って嬉しいものを選ぶのもよいですが、自分では買わないものや、センスのあるものが好まれます。女性向けの引出物は重くてかさばるものは避けましょう。

年配の方向けには、食器やキッチン用品など実用的なものが好まれます。年代問わず、ゲストが好きなものを自由に選ぶことができるカタログギフトは根強い人気があります。究極の贈り分けとして、豊富な品揃えのカタログギフトの中から、ゲストにあったものを選ぶ方が増えています。

結婚内祝い

結婚の内祝いは、披露宴にお招きでなかった方、招いたけれども参列できなかった方から
お祝をいただいた場合などに贈るのが基本です。
ご祝儀はもちろん、お祝いの品物をいただいた方にも贈ります。
内祝いの相場は「半返し」が一般的です。ご祝儀ならその半額の品物を、品物をいただいた場合は金額に換算して半額分の品物を選びましょう。
まとめていただいた場合は、一人あたりを換算してそれぞれの方にお返しするのがよいでしょう。
結婚内祝いを贈るタイミングは、結婚式が終わって(または入籍後)から1ヶ月以内が目安です。結婚式までにお祝いをいただいた方にも、結婚式後に贈っても構いません。
ふたりの結婚式の印象が薄くならないうちに贈りたいものです。
配送をする場合には、お礼状を添えるのがマナーです。ひと手間加えることで礼儀正しさを印象づけましょう。また、配送の際の送り状は両家の連名で贈るのがよいでしょう。

出産祝い

赤ちゃんが無事に誕生したことを祝って贈るのが出産祝いです。
赤ちゃんのお父さん・お母さんに宛てて贈ります。
出産祝いは近親者は出産後すぐ(1週間以内)に贈ります。それ以外はお七夜(生後1週間)~1ヶ月以内が目安です。訪問する場合は母子ともに落ち着いてからがベスト。訪問できない場合はメッセージを添えて送りましょう。1ヶ月以上過ぎてから出産を知った場合は表書きを「御祝」とし、おなじくメッセージを添えて贈ります。
予算は兄弟や親戚は1万円、お互いが若い場合は5千円が金額の目安ですが、友人や会社関係者なら人数を募ってまとまった額にするのもいいでしょう。
第2子以降も引き続き同額のお祝いを贈るのがマナーです。双子の場合は2人分贈ります。

ベビー服やおもちゃ、食器など、赤ちゃんが徐々に使い始めるものを選びます。
親しい間柄ならアイテムが重ならないように、何が欲しいか伺っておくのもよいでしょう。
もうたくさんお祝いいただいているかも…重ならないかな?と心配なときは出産祝い用のベビーアイテムを集めた、カタログギフト「おめでとセレクション」がぴったりです。

香典返し

香典返しは、一般的に四十九日(七七日忌)の忌明けを迎えた後に、
挨拶状に添えてお礼の品を贈ることをいいます。忌明け返しとも後返しとも言います。
忌明けの時期は宗教によって異なります。
仏式では四十九日法要後、神式の場合、五十日祭のあと挨拶状に添えてお返しを贈ります。キリスト教でも、死後30 日目の召天記念日(プロテスタント)追悼ミサ(カトリック)のあと、同様にお返しするのが通例です。香典返しの金額の目安は「半返し」ですが、香典金額の3割〜7割相当の品物を返すことが多いようです。

香典返しの挨拶状は、「四十九日の法要を滞りなく相営み忌明けいたしました」(仏式)としてお品物に添えて贈ります。奉書に薄墨で書かれた(印刷)ものが一般的ですが、カードタイプのものもよく見かけます。アンティナ ギフトスタジオでは「定型文」「仏式(戒名あり・なし)」「神式」「キリスト教」をご用意しております。

絆を深める贈り物

お祝いや感謝の気持ち、贈り物を贈る機会は様々です。
人生の祝いごとである、結婚・出産・七五三・入学・還暦・喜寿の祝い。
そして日常的な祝いごとや贈答としては、
お中元・お歳暮・快気祝いやお礼などがあります。
贈る際のマナーを守ることで相手を敬い、心の通うおつきあいを心がけたいものです

結婚祝い

おめでたいことがあったとき、『うれしい気持ちを形に代えて周囲に配り、喜びを分かち合おうとした』のが本来の「内祝い」の意味でした。近年では、「内祝い」は、いただくお祝い品に対するお返しという意味合いが強くなっています。披露宴の列席者からのご祝儀へのお返しは「引出物」。それ以外の人たちからお祝いをいただいた場合のお返しを「内祝い」ということが多いです。

長寿のお祝い~
おじいちゃん・おばあちゃんへ

節目ごとの長寿のお祝いがあります。数え年で還暦は61歳・古希70歳・喜寿77歳・傘寿80歳・半寿81歳・米寿88歳・卒寿90歳・白寿99歳など。感謝の気持ちを込めて、子供たちなどからプレゼントを贈ります。

61歳 還暦
(かんれき)
十干十二支が一巡して自分の干支の戻る年なので、
本卦還り(ほんけがえり)とも呼び、赤ちゃんに還るという意味。
70歳 古希
(こき)
中国・唐の詩人、杜甫の「人生七十古来希なり」に由来したもの。
出典は「典江」からです。
77歳 喜寿
(きじゅ)
喜の字の草書体「七七」が七十七に通じるところから、
77歳のお祝いは喜寿となりました。
80歳 傘寿
(さんじゅ)
傘の略字は「八」に「十」と書きます。これが八十と読めるところから
80歳のお祝いは傘寿に。
88歳 米寿
(べいじゅ)
「米」という漢字を分解すると八十八になります。
また、末広がりの八が重なることからも88歳のお祝いに。
90歳 卒寿
(そつじゅ)
「卒」の略字は「卆」と書きます。これは九十と読めるので、
90歳のお祝いになりました。
99歳 白寿
(はくじゅ)
「白」という字も99も、一を足すと百となることから、
99歳のお祝いになりました。
年齢の表記は、数え年(かぞえどし)です。

そのほかの様々な慶事

新築祝い・七五三・卒業・入学祝・就職・退職祝など人生の節目で訪れる様々な出来事に「おめでとう」の気持ちを添え、おつきあいに応じた贈り物を贈ります。

時候の贈り物(お中元・お歳暮)

日頃お世話になっている方や親戚・上司などに、感謝やお礼の気持ちを込めたり、またこれからもよろしくお願いしますという気持ちをこめて贈ります。
お中元の時期:関東地方は7月初旬〜中旬までに、関西など月遅れの盆の習わしの地域には7月中旬〜8月15日までに贈るようにします。遅れる場合には「暑中御見舞」(目上の人には「暑中御伺」)とし、立秋(8月8日頃)を過ぎたら「残暑御見舞(残暑御伺)」と表書きします。
お歳暮の時期:12月初旬〜20日くらいまでにお届けします。遅れて年を越してしまいそうな場合には「御年賀」とし、それ以降は「寒中御見舞(寒中御伺)」として贈りましょう。

内祝い

本来はお祝いをいただいたか、いただかないかに関わらず、親しい方やお世話になった方へ贈るものとされてきました。
現在ではいただいたお祝いに対するお礼として贈られることが多くなっています。
お祝い返しは「半返し」が慣習とされており、いただいたお祝いの半額から3分の1に相当する品物を贈ることが一般的となっています。

【主な内祝い】快気祝い・快気内祝い

病気が全快したことをお祝いし、お見舞いに来てくれた方やお見舞いを下さった方にお礼の気持ちとして贈ります。本来は病気中や入院中にお世話になった方や心配をかけた方全員に送るのが正式ですが、現在はお見舞いをいただいた方に対するお返しとする考え方が一般的です。
退院または床上げ後10日以内を目安に、報告を兼ねて贈ります。
贈るものは「きれいにさっぱり治った」「あとに残らない」という意味から、食べてしまってなくなるもの、使ってしまうもの(菓子、石鹸、洗剤など)が多いようです。
カタログギフトでは「グルメ」がおすすめです。

カジュアルパーソナルギフト

贈り物はフォーマルな場面だけではありません。御礼や感謝の気持ちを表すためのプレゼントはとても大切です。気持ちを伝えるパーソナルギフトも大切に。
パーソナルギフトを贈る場面は1年間にいろいろあります。日ごろの感謝の気持ちをイベントを利用した贈り物で伝えましょう。

  • ・誕生日
  • ・クリスマス
  • ・母の日、父の日

など…