新規登録キャンペーン

香典返しをお送りする際のマナーや注意すること

<香典返しとは>

香典返しをお送りする際の
マナーや注意すること



香典返しは、一般的に七七日忌(四十九日)の忌明けを迎えた後に、
挨拶状に添えてお礼の品を贈ることをいいます。
また、「忌明け返し」とも「後返し」ともいいます。
このページでは、香典返しの基本から、マナーまでをまとめてみました。

STEP1 香典返しとは?

香典返しとは?

香典とは、仏式の葬儀で故人の冥福をお祈りし、香にかえて霊前に供える金品のことをいい、本来は、香典返しは必要ありません。
しかし現在は、香典をいただいたお礼として香典返しをするというのが慣習となっていて、香典返しは、一般的に四十九日(七七日忌)の忌明けを迎えた後に、挨拶状に添えてお礼の品物をお贈りします。

忌明けの時期は宗教によって異なります。
仏式では四十九日法要後、神式の場合、五十日祭のあと挨拶状に添えてお返しを贈ります。キリスト教でも、死後30日目の召天記念日(プロテスタント)追悼ミサ(カトリック)のあと、同様にお返しするのが通例です。

香典返しの金額

目安は、「半返し」ですが、香典金額の3割~7割相当の品物を返すことが多いようです。
お付き合いの程度によっても変わりますが、「半返し」を目安にすれば、間違いないでしょう。
例)2千円、5千円、1万円など段階を決めて香典返しの品を選び、いただいた額の「半返し」に近い物をお贈りする。

お返しの品には挨拶状を必ず添える

香典返しの挨拶状は、「四十九日の法要を滞りなく相営み忌明けいたしました」としてお品物に添えてお届けます。
アンティナでは、香典返し挨拶状例文には奉書タイプとカードタイプ2種類の様式をご用意しております。
もっとも利用されている奉書タイプと、カードタイプをご用意しております。

香典返し挨拶状は、ご注文後に見本を作成し(定型文を除く)、お客様に見本確認のメールをお送りいたします。
こちらの見本をお客様にご確認をいただいたのち、お品物を発送いたします。





 

香典返し挨拶状文例はこちら


  

お返しの品にはのし(掛け紙)を

本来、のし(熨斗)とは、慶事における進物や贈答品に添える飾りのことで、香典返しには使いません。
一般的にのしといわれているのは、かけ紙のことで、贈り物ですという意味の包装紙のことです。

水引
結び切り(黒白)
関西では、黄白の水引が多く使われます。

表書き

宗教に関係なく「志」が広く使われています。
関西では、四十九日のことを満中陰と呼ぶことから「満中陰志」が多く使われます。

・神式では、「偲草」、「しのび草」等も使います。
・キリスト教では、「昇天記念」(カトリック)、
「召天記念」(プロテスタント)、「感謝」も使われます。

四十九日法要(忌明け法要)

一般的には、この七七日忌を忌明けとして近親者を招き僧侶を迎えて法要を営みます。
亡くなった当日から数えて、七日ごとに初七日、二七日、三七日として営まれる法事を中陰法要とよび、七七日忌を満中陰ともよんでいます。具体的にはお寺、親族の都合を考慮して忌明け前の土、日曜日に営まれる事が多いようです。

葬儀後の主な法要

仏式、神式、キリスト教式にそれぞれ以下のような法要があります。

仏式

初七日しょなぬか(しょしちにち) ご命日から七日目
※告別式当日に合わせて行うことが多い。
二七日ふたなぬか(にしちにち) ご命日から14日目
三七日みなぬか(さんしちにち) ご命日から21日目
四七日よなぬか(ししちにち) ご命日から28日目
五七日(三十五日)いつなぬか(ごしちにち・さんじゅうごにち) ご命日から35日目
※告別式当日に合わせて行うことが多い。
六七日なななぬか(しちしちにち・しじゅうくにち) ご命日から42日目
七七日(四十九日)なななぬか(しちしちにち・しじゅうくにち) ご命日から49日目
※忌明けの法要を行う。満中陰ともいう。
百か日ひゃっかにち ご命日から百日目
一周忌いっしゅうき ご命日から一年目
※以降は、祥月命日に法要を行う。
祥月命日・・・故人が亡くなった同月同日の日。ご命日のこと。
(月命日・・・毎月の故人が亡くなった日と同日)
三回忌さんかいき ご逝去の年を含めて3年目(ご逝去から2年目)
七回忌しちかいき ご逝去の年を含めて7年目
十三回忌じゅうさんかいき ご逝去の年を含めて13年目
十七回忌じゅうしちかいき ご逝去の年を含めて17年目
二十三回忌にじゅうさんかいき ご逝去の年を含めて23年目
二十七回忌にじゅうしちかいき ご逝去の年を含めて27年目
三十三回忌さんじゅうさんかいき ご逝去の年を含めて33年目
※弔い上げとすることが多い。
五十回忌ごじゅっかいき ご逝去の年を含めて50年目
百回忌ひゃっかいき ご逝去の年を含めて100年目

神式の追悼儀礼

ご命日から50日目までの毎十日祭
葬儀の翌日に行う「翌日祭」は、現在ではほとんど行われず、ご命日から十日ごとに「十日祭」「二十日祭」・・・「五十日祭」と続きます。
「五十日祭」は、忌明けとなる重要な霊祭です。
100日目には「百日祭」があり、その後「式年祭」と呼ばれる霊祭がご命日の年から1年目の「1年祭」「三年祭」「五年祭」「十年祭」と続き「五十年祭」まで10年ごとに行います。
いづれも神社ではなく、自宅や斎場などに神官を招いて行います。

キリスト教式の追善教養

カトリックでは、ご命日から3日目、7日目、30日目などに教会で追悼ミサを行います。11月は「死者の月」とされ、ミサや墓参りをします。11月2日は、死者の記念日の「万霊節」で、特別なミサが行われます。
プロテスタントでは、ご命日から1ヶ月後の昇天記念日に記念式を行います。

STEP2 香典返しをお送りする際のマナーや注意すること

Q. 香典返しに、挨拶状は必要でしょうか。

      

香典返しの挨拶状は、「七七日忌(四十九日)法要を滞りなく相営み忌明けいたしました」として必ずお品物に添えてお贈りします。
「仏式」「満中陰志」「神式」「キリスト式」と、諸式各文面がありますので、詳しくは香典返し挨拶状文例をご覧ください。奉書タイプとカードタイプ2種類の様式をご用意しております。

Q. 香典返しの品物にかけるのしは、何が適切でしょうか。

      

地域によって、黒白の水引または黄白の水引のどちらかを選びます。また、蓮の花のある掛け紙(のし)は、仏式での葬儀に利用されますので、神式、無宗教でのご葬儀の場合は、「ハスなし」の掛け紙がお選びいただけます。
のし表書きの上は、は宗教に関係なく「志」が、広く使われています。七七日忌(四十九日)のことを満中陰と呼ぶことから関西では、「満中陰志」が多く使われます。

Q. 四十九日になってから、香典返しをお渡しするのでしょうか。

      

一般的には、七七日忌(四十九日)を忌明けとして近親者を招き僧侶を迎えて法要を営みますが、最近はお寺様、ご親戚様の都合を考慮して忌明け前の土、日曜日に営まれる事が多くなりました。
忌明け法要が無事済みましたら、香典返しをお渡し、お贈りすることが多くなりました。

Q. 香典のお返しの品物は、失礼のないものを選びたいのですが、どのようなものが多いですか。

      

香典返しの品物は、消えてなくなるもの、流れてなくなるもの、と昔からいわれてます。生モノは厳禁とお考えいただきたく存じます。以前は、今治タオル・コーヒー・お菓子・洗剤・寝具などが良く使われる商品でしたが、現在では、高額のお香典へのお返しにカタログギフトを利用されることが増えてきたことから、カタログのご利用も多くなっております。

STEP2 香典返し ケーススタディ

弔電だけいただいた場合

忌明けの挨拶状を送り感謝の気持ちをお伝えしましょう。
ただし、大変高額な弔電もありますので、その場合には相応の返礼が必要です。
また、後から書留等で香典を頂く場合もありますので、弔電の整理もされておくとよいでしょう。

供花

供花は、1万円~3万円と高価なので、個人からの供花は、香典と同様の考え方でお返しをお贈りします。

連名でいただく香典

職場の方が連名でお持ちいただいた場合は、一人分が千円程度であれば、皆様で食べられるお菓子等を贈ればよいでしょう。
一人分が、5千円以上であれば、半返しを目安にお一人づつに引き物を挨拶状に添えて贈ります。

香典の他にお供物を頂いた

香典だけでなく、供花、弔電、さらにお供物を頂戴したということも往々にしてあるものです。
お付き合いの深さも考慮して、頂いた総額の半返しを目安に、相応の返礼をします。

社名でいただく香典

会社の慣習がありますのでそれに従いますが、慣習がないようであれば、忌明けに半返しで手配します。
カタログギフトを贈られるケースが多いです。

子どもたちからの香典

家ごとに慣習があり、さまざまだと思いますが、お子さんが結婚されていれば、他人も入るものです。
けじめとしてきちんと返礼をするのがよいでしょう。

葬儀の受付などでお手伝いいただいた会社関係者

「お礼」という形で3千円程度のお品を贈ります。忌明け前にお渡ししてもかまわないので、式後2週間程を目安にお渡しします。


おすすめのカタログギフトのご紹介

  
どなたにも差し上げられる総合カタログや、人気の高いグルメカタログギフトなどもご利用いただけます。
仏事向きの、落ち着いたシックな表紙デザインのカタログギフトをご紹介いたします。
 

もっとも人気のある香典返しカタログギフト

沙羅(さら)

カタログ全15コース ¥3,080~¥55,880(税込)
沙羅
香典返し・満中陰志などに適した仏事向き表紙のカタログギフト沙羅。価格帯も幅広く15コースご用意しております。
  • 沙羅
  • 沙羅
  • 沙羅

お香典のお返しから法事などにも

  
ご不明な点がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
専門のスタッフがご回答させていただきます。

antina gift studio

フリーダイヤル:0120-393-252
FAX:0120-777-878
お問い合わせフォームからも受け付けております





antinaの香典返しはこちら