東京の手仕事特集

江戸時代から脈々と受け継がれる東京の”粋”を、とっておきのおくりものに。「東京の手仕事」を贈る。

江戸時代、幕府の政策によって全国から腕利きの職人が江戸に集められました。
その中で職人達は腕を競い合い、手工業は急速に発展。今に続く伝統工芸が数多く育成されます。

職人の手仕事によって作られた、こだわりの品々

”粋”に代表される江戸の町人文化の中で生まれた伝統工芸品は、落ち着いた色味と実用性の高さが特徴です。隠れたところに凝るのが”粋”。 職人たちは今も見えない細部にもこだわり、己の美意識を貫くものづくりを続けています。 江戸の職人町は、江戸城周辺から東のエリア、今の千代田区、墨田区、台東区、荒川区に集中していました。現在東京の伝統工芸品の製造を担う工房の多くも、この地域にあります。

東京の手仕事