新規登録キャンペーン

結婚のシーンで利用する熨斗について

お祝いや感謝の気持ち・・・贈り物を贈る機会は様々です。
結婚のお祝いや、ご自身が結婚式を行う際の引出物の手配、いただいたお祝いのお返しなど・・・
様々な場面で知識が必要となってくる「熨斗(のし)」。
贈る目的や地域によって水引の種類や表書きが異なりますので、失礼のないようしっかりマナーを押さえておきましょう。
贈る際のマナーを守ることで相手を敬い、心の通うお付き合いを心がけたいものです。

#1
熨斗とはどういうもの?

一般的にはのし紙自体を「のし」と思われることが多いですが、正確には「のし」とはのし紙右上にある飾りのことを指します。
元々は、干して伸ばした鮑(あわび)を贈り物につけていたのがルーツで、鮑は長寿をもたらす縁起の良い食べ物とされることから、神饌(しんせん)などの贈答品に添えられてきました。
のし
のし(イメージ)
水引や包装の仕方にも種類があり、用途によって結び方や種類が異なります。何度もあっても嬉しいことには容易にほどくことができる「蝶結び」、一度きりでよい出来事にはほどくことが難しい「結び切り」。直接手渡しでギフトを贈る時は包装の上にのし紙をかける「外のし」、のし紙が汚れたり破れたりしないよう包装の中にのし紙をかける「内のし」などシーンによって使い分けが必要になります。

#2
結婚のシーンで使う時は
どんな熨斗にするべきか?

結婚は一度きりでよい出来事になるため、水引は「結び切り」になります。通常の水引は5本ですが、結婚はおめでたいことですので10本の水引を使用します。
結婚用途の熨斗イメージ
結婚のシーンで利用する熨斗
10本結び切りの水引(イメージ)

#3
贈るシーンで表書きを選びましょう

水引の次はのし上に記載する「表書き」についてです。こちらは用途によって表書きは異なりますので、ご注意ください。
のしの種類 用途 表書き
10本結び切り
10本結び切り
引出物 寿 ※壽もあり 贈り主様の姓
氏名連名
○○一同 など
結婚祝い 御結婚御祝
結婚内祝い 内祝 両家の姓(右:新郎様、左:新婦様)
※苗字の後に「家」をつける場合あり
※婿養子の場合は左右逆になるのが一般的
表書きの書き方
  

#4
まとめ

結婚のシーンで利用するのしについて、お分かりいただけたでしょうか。
覚えておく事は、

1.のしの水引は「10本結び切り」。
2.表書きは、用途によって異なる。

という事です。
表書きが分からない場合は、販売員さんなどにお尋ねすると良いでしょう。
イメージ
 
  • antinabiz
  • メッセージカード
  • 複数お届け登録
  • UNITED ARROWS TOWEL CAMPAIGN
  • 慶事・弔事の贈り物
  • antina wedding